ふらりおでかけレポート 旅ごころHOME
雲仙へショートトリップ
紅葉が見頃となった雲仙へ行って来ました。
長崎道を諫早ICで降り、小船越交差点を島原方面へ曲がり、諫早署前から右折して、ずっと進むとルート251に出ます。
これを愛野方向に行くとすぐ見えてくるのが、最初の立寄りスポット、諫早・飯盛産の農水産物の直売所「フレッシュ251 2号店」。
お目当ては、店内で手作りされている名物コロッケ!ほくほくのじゃが芋に、玉ねぎ、にんじん、ひき肉が入ってカラッと揚がった小ぶりのコロッケは1個50円。
はふはふサクッ♪と、これから始まる楽しいドライブのスイッチが入ります。
フレッシュ251 2号店:諫早市飯盛町上原4-2-1
愛野から小浜方面に進み、128号線をのぼっていく途中、沿道ではところどころで棚田の新米を販売しています。
ほどなくして仁田峠の入口に到着。
「紅葉 見ごろ」の看板に期待が高まります。
仁田峠はあいにくの霧でしたが多くの見物客で賑わい、霧の晴れ間に、美しく色づいた妙見岳が姿を現すと、どこからともなく歓声があがります。妙見岳の右手には、平成新山が見えます。噴火後は茶色い山肌だったのが、いまではすっかり緑に覆われて、時の経過を思わせます。
やはり、気温はだいぶ低いので、これからという方は、風を通さないはおりものを一枚持って行くとよいでしょう。
お昼は、小浜に下り、「蛇の目」さんへ。
お店名物の「スープメン」をと思っていたのですが、お店の外にまで大勢の待ち行列が!…お腹がすいていて、とても待つ気力がなかったので、次回のお楽しみということにして、「花春」さんへ。ここでも少し並ばなければなりませんでしたが、ほどなくして席に着くことができました。
小浜ちゃんぽんは、コクがあるのに後味はあっさりとしていて、「おいしいね」っと言ってる間にすいすい〜っとたいらげてしまいました。
 蛇の目:雲仙市小浜町北本町852 花春:雲仙市小浜町北本町866-1
次の立寄りスポットは、愛野のジャージーファーム。ジャージーミルクの濃厚な味わいのジェラートがいただけます。近くへ行ったら絶対に素通りできないお店です。
ジャージーファーム愛野店:雲仙市愛野町乙字桃山5036-17  
 
午前中とは打って変わってすっかり晴れて光る海を見ながら朝来た道を戻ります。
251号線から41号線に右折し、道なりに進み、さいごの立寄りスポット、酒蔵・杵の川さんへ。蔵が立ち並んでいる敷地内の大きな銀杏の木にはぎんなんの実がたくさんついていました。ショップ内では、蔵元さんならではのお話を直接いろいろ聞けるし試飲もできます。
この時期は、期間限定のお酒「郷の秋」を購入することができます。
家に着くなり、暗くなるのも待たずに、早速イッパイいただきました。
 杵の川:諌早市土師野尾町17-4
【ぴあの】2012.10.31
 Free Graphics by hibana    Copyright MIK@N communications ALL right reserved.
当サイトは有限会社みかんコミュニケーションズが運営・管理しております。
当サイト内の文章・写真等すべてのデータを許可なく複製・転用・販売等 二次利用することを固く禁じます。